FC2ブログ
 
■訪問者

■プロフィール

あすならハイツあやめ池

Author:あすならハイツあやめ池
安心24時間地域生活支援します
まずはお電話ください
0742-45-1165

事業内容

安心支援システム

要介護になる前の自立している75歳以上の方への地域貢献事業です
 ランチ
 買い物バス
 見守り

安心ケアシステム
  
要介護になった時に自宅で暮らし続けるための地域包括介護サービスです
 ケアプランセンター
 定期巡回随時対応型訪問介護看護
 デイサービス
 ショートステイ
 グループホーム
 サービス付き高齢者向け住宅

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■リンク
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
暑中お見舞い申し上げます
~あすならハイツあやめ池 サロンのご案内~

お盆になりましたが、まだまだ暑さ本番の折、みなさま お変わりございませんか?

ここ、あすならハイツあやめ池では「あすならサロン」と言って、オープン当時から開催しているランチ企画があります。
「元気なうちからお知り合い」として、地域の方々と知り合いになって、ここを拠点として地域の暮らしを支えてゆきたい想いで実施しています。そして、私たちの基本ケアとしている『あたたかいものを食べる』を大切に、地域の方々と食卓を囲んでいます。

毎月5がつく日・10がつく日です。今月は、あと4回になりましたが、ぜひお気軽にお問合せください。お待ちしております。

20日、30日はランチ企画の後、精華町にあるアピタにお買いものに行きます~ =3=3=3=3=3(「お買いものバス」と呼んでいます)


ではみなさま、どうぞ水分をしっかりととっていただき、お過ごしください・・・


サロンのご案内 201408

スポンサーサイト
未分類 | 14:29:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
「家に帰りたい・・」と言う人がいない
「家に帰りたい・・・・」
サポートハウスが開設して1ヶ月半が経ちました。今までと違うのは、ここに転居されてから、「元の家に帰りたい」とおっしゃる方がおられません。
私たちはこれまで、特養やショートステイ、デイサービスを運営してきました。家族が一生懸命介護されて、疲れ果てて利用されます。本人はなぜその場にいるのか理解できないので「家に帰りたい、家に帰りたい」と訴えます。私たち介護職はそれをなだめて、気をそらして家族が休息できるようにしてきました。その中で少しでもいい介護をやろうと思ってきました。しかし、サポートハウスでは、認知力の低下したお年寄りも多いのですが、そんな会話がまったくないのです。


>なぜ、これまでの施設介護のように毎日「帰りたい」と訴える人がいないのか?考えてみました。まず、部屋の作りが住宅である事、トイレ、風呂、台所、収納が有り、小さいながらも一般の住宅と同じです。それと、サポートハウスに入る際には、引っ越しのトラックがやってきます。ありさんやぞうさん(引っ越しのトラックです)やってきて、家財道具を部屋に運び込んでから本人がやってきます。
施設に車いすに乗せられて、カバン一つで入所して、家族は後ろ髪を引かれながら本人を置いていく光景とはまるで違います。場所は替わったが、自分の家財道具があって、自分の生活ができることが、本人にとってどれほど大切か気がつくことができました。

サポートハウスでも介護を受けることができますが、それは、自分で生活を組み立てながら、できないことをできるように支援することが中心です。これまでのように人海戦術で、決まった時間に決まった介護をする事はできません。その分、支援する職員はその人の24時間365日をしっかり見て、必要以上に手を出さず、支援が必要なところにはさりげなく手をさしのべる事が求められます。そして、買い物や、食べたいものの外食、ふるさと訪問などで外に出かけるように心がけてくれています。外出は最高のリハビリです。楽しそうに職員とお年寄りが出かける姿をみると自分たちの将来も捨てたもんではないなと思えてきます。


そう考えると、施設に閉じ込めて、要介護状態に見えるお年寄りに私たち介護職がきたのかもしれないと考えさせられます。重度になれば支援を受ける頻度が多くなりいつかは全面的に介護を受けなければならないでしょう。それでも、おむつをしないで、自分の口から食べて、普通のお風呂に入って、お出掛けができれば、介護を受けていてもその方の顔つきは無気力にならないのではないかと思います。もう少し時間が経ってみないとわかりませんが、そうなるようにしていきたいと思います。






未分類 | 21:22:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
うれしかったこと
開設から1週間が経ちました。
その中で、うれしい事がありました

ある施設から、80代のおばあさんがやってきました。
以前の施設では、車いすに座りっぱなしで、おむつを巻かれ、おむつの中に排泄があっても、決まった時間まで変えてくれないことがあったそうです。

そのおばあさんが、「あすならハイツ」にやってきた初日の事です。
車いすから、脚の長さに合った椅子に座るのもやっとの状態です。
でも、本人は会話ができるし、トイレに行けることを期待していました。
テープ式のおむつを、とりあえずリハビリパンツに替えました。

昼食後、本人が「トイレに行きたい」と職員に言ったので、何とかトイレに座り、前屈みの姿勢がとれる、台にうつむきながらきばると、大便が少し出ました。

ご本人は「もういいわ」と立ちかけたのですが、「もうすこしでるわ」と言って、もう一度便器に座ると、なんと!! 便器いっぱいの便が出ました

それをみた本人は
「自分の(便)を見たの久しぶりや
と話していました。
水洗では流れないほど便が出て、水があふれる直前でやっと流れてきました。

「お腹がすっきりした。」と笑顔で便所から帰ってきたのをみて、うれしくなりました。

おむつを使っていると、便をおむつの中でするように言われるのですが、人間、そう簡単におむつの中に便なんてできるものではありません。
便を出すのを我慢しているうちに、本来出すべき便が直腸にたまっていき、いつも直腸は便がいっぱいの状態なってしまいます。

本来、直腸の中は普段は便がない状態で、S字結腸から便がやってきて直腸壁が便で圧迫された時に便意を感じます。
おむつをしている人は、便を我慢しているうちに、直腸内に便がたまっていることが状態化しているので、便がやってきたことを感じれずに便失禁してしまうのです。

この、おばあさんは、トイレに座ったので、直腸にたまって不快だった便がいっぺんに便器に出たのです。これから、直腸の機能をゆっくり取り戻し、便意がわかるようになる事でしょう。
おむつはやめて、布パンツにしてもらいました。これだけで生きる意欲が生まれてきます。

リハビリが大切と言われますが、前の施設では先生がリハビリをしてくれていたそうです。でも、トイレには連れて行ってもらえなかった。

リハビリとは「全人間的復権」です。おむつをやめてトイレに行けるようになることもリハビリと思ってもらえるような世の中になってほしいなと思います



未分類 | 22:02:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
竣工式が行われました
祝 竣工

お天気にめぐまれあすならハイツあやめ池の竣工式が行われました。

開設にご尽力いただいた方へ感謝状を贈呈しています
RIMG0203_convert_20140125184552.jpg

地域で活動されているコーラスに花を添えてもらいました。
RIMG0251_convert_20140125184823.jpg

竣工式と奈良市の現地確認を無事に終えて、職員全員で万歳の記念写真
RIMG0275_convert_20140125185806.jpg

未分類 | 19:14:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
年末おもちつき
世間はクリスマスですが、お年寄りは”もちつき”です。
事務所を間借りしている「あすならホーム富雄」で地域のお年寄りや、普段支援している人、ボランティアが集まってワイワイ言いながら「もちつき」をしました。
RIMG0166_convert_20131225193955.jpg

いつも定期巡回で支援しているお父さんが、桜エビを持ってきて「エビもちをつくぞ!!」と張り切っています。
その横では、「去年から餅つきをするのを楽しみにしていたの」と割烹着を着てきたおばあさんが、もちを返す役を買って出てくれるのですが、つき手とタイミングが合いません。ひやひやしながら「よいしょー」とかけ声をかけていました。

胃ろうをつけてやってきたおばあさんは、最近口から食べられるようになって、もちを口からしっかり食べて、満面の笑みで「美味しい」と言ってくれました。
その姿をみて、口から食べられるようになって本当によかったとみんなで喜び合ってます。
RIMG0168_convert_20131225193749.jpg

町内のお父さんが仕切ってくれ、自然に若い職員と一緒に餅つきしている姿が印象的でした。
介護が必要になった方だけでなく、地域で暮らしている子供やお年寄り、若い人が楽しい時間を過ごして、仲良くなり、自然に助け合える地域になってほしいと思います。

あやめ池でも、こんな一人一人に物語がある楽しい交流する機会をつくろうと思います。


未分類 | 20:25:22 | トラックバック(0) | コメント(1)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。